お知らせ

5月2日 高山市市内小学校より上野浄水場見学に来場していただきました。

川の水がどのようにして水道水になるのかを勉強していただきました。















 

2月8日 高山市姉妹友好都市研修生受け入れの一環として上野浄水場見学に来ていただきました。







 

凍結にご注意

冬場に長期間留守にする場合や、気温が氷点下4℃以下になると水道管が凍結しやすくなります。屋外風当たりの強いところむき出しになっている水道管などは特に注意が必要です。

水抜栓(ハンドル式)の操作方法

水抜栓のハンドルを右に止まるまで回します。その後に蛇口を開けて水が出なくなることを確認します。できれば屋内にある全ての蛇口を開けてください。

冬季間は屋外の蛇口も忘れずに水抜きを行ってください

1  image12

再び使い始める時には、全ての蛇口が閉じていることを確認してから水抜栓を左に止まるまで回してください。

●電熱線ヒーター

電熱線ヒーターで凍結防止をしている場合は確実に電熱線ヒーターがコンセントに挿してあるかご確認ください

(春から秋にかけてコンセントを抜いている可能性があります。)

電熱線ヒーター注意事項

水道管の水抜きをし、空の状態で電熱線ヒーターを入れるとヒーターとの設置面温度が高温になり火災を引き起こす原因になりますのでご注意ください。

また、屋外給湯器も機器の取扱説明書に従って確実に水抜きを行うことをお勧めします。

●水道管が凍結した場合

蛇口及び水道管にタオルをあてて、その上からお湯をかけてください。(タオルをあてるのは、余熱を利用するためです。)

水道管が凍結した場合の注意事項

蛇口をひねらない」「熱湯を直接掛けない」のが原則です。

蛇口を無理に開けると、水量を調節するパッキンが破損し、水漏れを起こす原因になります。

また、熱湯を直接水道管に掛けるのも厳禁です。

凍っている水道管に100度近い熱湯を直接掛けると熱膨張し、水道管が破損してしまう恐れがあります。

水道管が凍結し水道水がでない場合は、お近くの高山市指定給水装置工事事業者(指定店)へご連絡ください

高山市指定給水装置工事事業者(指定店)一覧表

11月21日一般社団法人 日本水道運営管理協会による視察研修の会場が上野浄水場において、会員23名と多数の関係者の出席により盛大に開催されました。

主催者側である、元東京都水道局長 飯島宣雄会長の挨拶に続き、(株)高山管設備グループ 嶋田邦彦専務取締役の挨拶後、研修に移りました。

研修内容は「高山市における水道事業指定管理者制度」と題し、それぞれの立場でプレゼンテーションが行われました。

・(株)高山管設備グループでは「上野浄水場並びに各水道施設管理の紹介について

・月島テクノメンテサービス(株)では「高山市水道事業指定管理者について

・高山市上水道課では「指定管理者制度による高山市水道事業について

現場施設研修では上野浄水場内の浄水棟、中央管理室、水質検査室等の視察を行い最後には、一般社団法人 日本水道運営管理協会 伊藤道夫副代表理事による閉会の挨拶で終了となりました。

































(株)高山管設備グループ職場の安全教育の一環として、メタウォーター(株)より講師をお願いし電気基礎教育実習を行いました。

17名参加しました。

水道施設は電気を使用しポンプや水道設備を動かしてます。

(株)高山管設備グループでは定期的に電気教育を行い従事者の知識レベルの向上に努めてます。









 

8月30日 岐阜県立飛騨高山高等学校山田キャンパスからインターシップ職場体験がありました。

(株)高山管設備グループとして2名受け入れをさせていただきました。

川の水から水道水になるまで、浄水場見学、場外施設点検、ジャーテスト簡易実験を行いました。











 

8月1日・2日 高山市本町納涼夜市に高山管設備工業協同組合のブースを出展するにあたって(株)高山管設備グループのパネルを展示いたしました。













今年度もたくさんの小学校から浄水場見学に来ていただきました。

この見学が子供たちにとって少しでも有意義な時間になっていただけると幸いです。













紙芝居「川の水が水道水になるまで」



ジャーテスト(水の汚れをとり除く実験)による実験







(株)高山管設備グループの自主事業の一環として今年度から水道施設見学者を対象に見学記念の品をお渡ししております。







 

(株)高山管設備グループでは緊急対応訓練を定期的に行っています。

今回は、昨年度末に新設された給水拠点使用訓練を行いました。

酸素測定





給水確認





・7月6日 アフリカ地域の8ヵ国から10名の研修員とJICA北海道関係職員4名が高山市の水道施設視察研修に来高されました。

目的は日本の指定管理制度による高山市水道施設の運営管理による民間委託の事例を通じて、アフリカで課題となっている村落地域における給水や施設維持管理システムに係る民間委託の知見やノウハウを習得するためです。

午前・・座学

パワーポイントにより高山市上水道課と(株)高山管設備グループで指定管理制度、水道施設の維持管理について説明

 

午後・・現場視察研修

旧岩滝簡水 岩滝水源・第1配水池、ポンプ室

上野浄水場 浄水場内、中央管理室、水質検査室を視察研修

 















 

㈱高山管設備グループ

※本社

住所:岐阜県高山市冬頭町107番地の1

電話:0577-34-9378 FAX:0577-34-9395


※上野浄水場

住所:岐阜県高山市下切町1925

電話:0577-32-3344
FAX:0577-36-0839